完全同居の義実家をバレない様に片付ける

義両親とは価値観が違うだけで、今のところ仲良しです。

ここ最近のことと同居が嫌ということ

しばらく放置していたら、コメントがついていてとても嬉しく思いました。

また、いつも見ていただいている方の存在も、ありがたく思っています。

私の拙い言葉で愚痴ばかり言っていますが、皆さまのコメントや訪問数で、前向きにがんばろうという気になれます。

この場を借りて、お礼申し上げます。

 

更新頻度を上げようと書こうと思いつつ、なかなか書く気力が出なかったのです。

書くことはあるのですが、うまく言葉にできないという。。。

 

 

正直、同居がもう嫌です。

義両親や義姉も優しく、気を遣ってくださいます。

でも、日常の些細なやり取りだったり、子どもへの教育方針、片付けをはじめとする価値観の違いが限界です。

お互いに気を使って、言いたいことが言えないのもあるかもしれません。

 

あと1年、など期限があれば乗り越えられますが、義両親が亡くなるまで、とか考えると、終わりのなさに絶望を感じます。

 

いつまで経っても、仮住まいの気分です。

 

結局、育児や家事にこだわりや楽しみ方がある私が、夫以外の他人と暮らすのは難しいことなんだと思います。

(夫は住居に関してこだわりがあまりありませんし、私も言いたいことを言えるので。。)

 

私の考えを改めればよいのでしょうが、一方で、なぜ私が我慢しなきゃいけないの?というわがままな気持ちも抑えきれないのです。

 

仕舞われた雑貨やお皿への執着を断ち切れません。

 

モヤモヤを抱えながら、夫と家を購入することについて話し合い、ギクシャクする、という毎日です。

 

 

義実家のモノに関しては、消耗品を惜しみなく使う、ということ以外、触れないようにしています。

 

食品に関しては、食べ切ったり捨てたりして、少し底が見えたかな、と思ったらまたどこからかホコリを被ったものが現れるという、3歩進んで2歩下がる状態です。

 

最近はもっぱら、自分のモノを整理しています。

先日、持ち物を記録する、という無謀なことを始めました。

まだ終わっていませんが、楽しいです。

 

今度改めて記事にします。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村